難民支援イベント チャリティートーク~香りと味で感じる“故郷”終了しました

15日土曜日午後、ソフィアビル4Fで行われたイベント、無事終了しました。
当日は12名の方がお集まりになり、熱心に耳を傾けられていました。
NHKとTBSラジオの取材も入りました。詳細は後日お知らせします。

ひとりめの語り手はグリーンフラスコ代表・林です。難民の母国の多くはハーブ・アロマの原産国。
ふたりめの語り手の母国、イランにまつわるハーブやスパイスについて話しました。
f0143885_16152717.jpg

ザクロは、女性ホルモンを調整し、抗酸化作用(老化防止効果)が高く、サフランは冷えや婦人科疾患を改善するとともに、
最近では神経成長因子を活性化することが明らかになっています。
日本では医療費の高騰が社会問題化していますが、例えば、更年期障害や初期の認知症にザクロやサフランを活用すれば、安全性とコストの両面でメリットを得ることができます。
このように難民の人々が持っている、生活に根付いた知恵はとても価値のある知的な資源ですが、翻って難民の人々は社会的にも経済的にも困窮しています。
私たちひとりひとりの支援は当然のことながら、連綿と続いている植物の恵みを取り入れる暮らしをリスペクトし、学ぶという姿勢も重要です。
と語りました。

ザクロやサフランはとても稀少。特にサフランは1kg収穫するのに柱頭50万本が必要で、手摘みするなどとても手間隙がかかります。
ザクロは梅干のような味、サフランはサフランライスなどでおなじみですが、1gでも十分抽出できるので、ハーブティーとして手軽にお楽しみいただくのもオススメです。

続いて、難民の方のお話。日本に来て、図らずも難民になってしまったこと、支援協会の助けを経て難民申請をクリアし、現在は会社を興して頑張っていらっしゃることなど、
とてつもないご苦労をなさったと思いますが、軽快でわかりやすく語ってくださいました。

当日はアロマティモールの「ツボクサ&ミント」のハーブティーもお楽しみいただきました。
すっきりとした飲み口で、好評でした。グリーンフラスコのお店でも販売しています。
f0143885_16165765.jpg

難民支援協会スタッフの方々と林、広報の門間です。
イベントが無事終了し、ほっとひと息のショット。
f0143885_16321276.jpg

とても有意義な時間でした。
グリーンフラスコはこれからも微力ながら難民の方々を支援していきたいと考えています。
[PR]
by greenflaskshop | 2013-06-18 16:30 | インフォメーション
<< 夏のセール開催中!! 新刊のお知らせ >>