【終了しました】特別セミナー「修道院のハーブとアロマ」

f0143885_182477.jpg終了しました
8~13世紀に渡る600年以上もの間、日々の暮らしがまだまだ自然のリズムに沿っていた時代には、修道女が病人のために、庭で育てた薬草を処方し、その香りと、やさしい言葉で人々を癒してきました。

そんな時代のお話を、今のこの時代に聞いておきたい方、ぜひお集まりください!

現代でいうところの病院の役割を担っていた修道院では、人々のためにどのようなハーブやアロマが使われていたのでしょうか。

世界最古の植物園から帰られてすぐの豊泉先生が、スライド写真と共に伝えてくださいます。知っていたハーブやアロマも、ちょっと違う顔を見せてくれるかもしれませんね。
当日は母の日、やさしいきもちに包まれにいらっしゃいませんか。

日 程 2012年5月13日(日) 14:00~15:30
場 所 ソフィアホール4F ※1Fはグリーンフラスコ自由が丘店
講 師 豊泉 真知子
     タオアシス日本総代理店GREEN GRASS代表
参加費 500円(税込) ※先に、グリーンフラスコ自由が丘店でお支払いください
定 員 24名
みなさまのお越しを、心よりお待ちしております。

<お申込み、お問い合わせ>
グリーンフラスコ自由が丘店
TEL 03-5483-7565
[PR]
by greenflaskshop | 2012-04-14 18:06 | イベントカレンダー
<< 新刊書籍のお知らせ 【キャンセル待ち】「飲むオイル... >>